商品情報にスキップ
1 / 8

選べる『旅するごちそう缶』& ASOBI ペールエール 6本セット

通常価格 $31.74
通常価格 セール価格 $31.74
セール 売り切れ
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。
鹿肉と万願寺のみそ煮込みバーグ(京都丹後を巡るごちそう缶)
くわいと猪肉のレモンアヒージョ(広島福山を巡るごちそう缶)

※20歳未満の方はご購入いただけません。

丹後のクラフトビール(ASOBI)と、旅するごちそう缶のセット。
地域を感じるフルーティーで飲みやすいクラフトビールと、地域を味わうごちそう缶詰のペアリングは、ご自宅でも、お土産でも、アウトドアでも、色んなシーンにてお楽しみいただけます。

<旅するごちそう缶とのコラボ商品セット>
-1. 鹿肉と万願寺のみそ煮込みバーグ

丹後の豊かな山々に育まれた「鹿肉」を使用した鹿肉ミートボールに、舞鶴市名産の「万願寺とうがらし」を組み合わせ、地域に愛される「世屋味噌」をベースに味付けをした、丹後の食の豊かさを味わえるひと缶です。
鹿肉ミートボール、万願寺とうがらし、濃厚味噌仕立てのタレの組み合わせは、お酒のおつまみにもご飯にもあう一品です。具材だけでなく、具材の旨味が凝縮されたタレも最後まで味わっていただくことができます。


原材料名:鹿肉(京都府産)、万願寺唐辛子(京都府産)、たまねぎ、味噌、卵、砂糖、にんにく、みりん、しょうゆ、ブラックペッパー、食用なたね油、塩、胡椒、(一部に卵・小麦・大豆を含む)
内容量:86g 
賞味期限:製造日より1年
保存方法:直射日光を避け、常温で保存してください

-2.くわいと猪肉のレモンアヒージョ

生産量日本一 福山名産の「くわい」と、福山の「猪肉」を使用した猪肉ミートボールを掛け合わせたアヒージョ缶詰です。ほっくりとした食感のくわいに、パンチのある猪肉を掛け合わせたアヒージョは一度食べたらクセになる味わいです。
味付けも、福山のレモンと隠し味に名産品の保命酒を使用し、福山ならではの食材を、新しい味わいで楽しめるひと缶に仕上がりました。

原材料名:猪肉(広島県産)、くわい(広島県産)、オリーブ油、たまねぎ、レモン(広島県産)、卵、にんにく、リキュール、塩、しょうゆ、ブラックペッパー、バジル、食用なたね油、胡椒、(一部に卵・小麦・大豆を含む)
内容量:87g 
賞味期限:製造日より2年
保存方法:直射日光を避け、常温で保存してください

 

ASOBIペールエールについて

京都与謝野町産のホップを使用したクラフトビール「ASOBI」の定番「ペールエールスタイル」のビールです。
柑橘のような華やかなアロマ、ホップ畑を連想させる京都与謝野産ホップの青々とした風味が、モルトの優しい甘味、ホップの苦味とバランスよく絡み合った味わい深さが特徴です。

【フレーバーのポイント】
1.柑橘のようなフルーティで華やかな香り
2.キリッと、だけど強すぎないビールらしい苦味
3.モルト由来の優しい甘味

[ビール製品情報]
ABV(アルコール度数):5.5%
スタイル:pale ale
原材料:麦芽(外国製造)、ホップ(与謝野町産 他)、牡蠣殻
産地:京都・与謝野町 他
内容量:350ml
保存方法:常温保存可能。破損するおそれがありますので、衝撃や冷凍保管を避け、直射日光の当たる社内等、高温になる場所に長時間置かないでください。
賞味期限:製造から240日間
製造者:株式会社ディーエイチシー 静岡県御殿場市保土沢炭焼沢1015-1
販売者:数式会社ローカルフラッグ 京都府与謝郡与謝野町男山119-5

京都与謝野ホップ

2015年、日本ビアジャーナリスト協会代表の藤原ヒロユキさんによって栽培可能であることが実証され、新たな国内のホップ生産地として歩み始めました。2020年現在、収穫量は約2トン、品種は11種ほどあり、国内でも指折りの独立系ホップ生産地となりました。

京都与謝野ホップがビールになるまで

 
与謝野産フレッシュホップは
「鮮度の高さ」が特徴です。

採れたてのみずみずしさにこだわり
丁寧に手摘みされたホップは
なるべく早く真空冷凍しています。

大変な作業ですが、農家さんの
思いやりと丁寧な取り組みにより
ビールに新たな楽しみが
生まれています。

  • ① 丁寧に手摘み

  • ② 生のまま真空冷凍

  • ③ 粉砕してビールに投入

1 / 3

宮津湾の課題解決に取り組む

ビールづくりを通じて豊かな自然環境を守っていきたい。そんな想いも強く持っています。私たちの地元の誇り、日本三景・天橋立付近では、牡蠣が大量繁殖し景観悪化や悪臭を発生させています。私たちは、この牡蠣の殻を排水の濾過など、ビールづくりに利活用するべく研究をしています。ビールづくりを通じて持続可能な自然環境づくりに寄与していきたいと考えています。